まるかん商品ネットショッピングサイト【まるかんひかりショッピング】
まるかん商品ネットショッピングサイト【まるかんひかりショッピング】

まるかんのお店ひかり玉名店

 

〒865-0064

熊本県玉名市中1801-1

 

☎0968-73-9049

転送機能あり、24時間可

 

✉info@hikari49.com

fax 050-3730-4100

 

営業 11時~18時30分

定休日 木曜日

 · 

【まるかん健康だよりvol.26】

【まるかん健康だよりvol.26】「夏バテを乗り切るスーパードリンク」


感謝してます。

ここの所、お水の話をしていたら、梅雨入りしましたね。

梅雨が明けると、本格的な夏になります。

夏といえば、夏バテが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

市販の栄養ドリンクに頼ったりしても、一時しのぎで、なかなか疲労が抜けなかったり…。

(もちろん、「元気の素」は全然違いますのでどんどん使ってほしいです)

夏バテの仕組みは、簡単にいうと、胃腸の疲れと、自律神経の乱れです。

胃腸が疲れると、エネルギー不足を引き起こします。

自律神経が乱れると、不定愁訴(いろんな不調)が起きてきます。

原因は、暑さで身体が疲れているところに、冷たい食べ物を食べたり、冷たい飲み物を飲んだり、クーラーをガンガンにかけた部屋で過ごしたり。

自然に反して生きていることが原因です。

そうは言っても、例年猛暑が続いている最近の日本で、そういったものは全部ダメですよというのもまた酷ですよね。

なので、それらの冷たいものはほどほどにすること。

そして、お風呂などで体温をしっかり上げること。

ちょっと、胃のあたりを触ってみてください。

冷たくないですか?

冷たくなってたら、危険信号です。

「元気を出すために栄養を取らなきゃ」と焦って、鰻とか豚肉とか食べても、消化する胃腸が弱ってたら、かえって毒になります。

だからこそ、腸を元気にするために、まるかんの青汁をしっかり飲むようにしてください。

夏場は特に、自然塩の入った「JOKA青汁」がおすすめです。

ちなみに、食欲がないときのオススメがあります。

常温の甘酒に「JOKA青汁」を入れて、シェイクして飲むんです

もし苦手じゃなければ、「クエン酸」を入れると、なお疲労回復効果もあってすごいです。

「甘酒」って、冬に温かくして飲むイメージがあるかもしれませんが、実は俳句の世界では、夏の季語なんです。

あの松尾芭蕉さんなんかも、夏場はきっと甘酒をエナジードリンク代わりに飲んで、全国行脚していたことでしょう。

「飲む点滴」とも言われる甘酒は、健康にも美容にもいいし、消化に負担をかけないので、夏場にはもってこいのスーパードリンクなんです。

「元気の素」とか「若くて元気」とか、「ひとりさん酵素」とか、「美人スタイル」とか、色々と「まるかん甘酒」レシピを考えてみると楽しいかもしれませんね。

最高のレシピが思いついたら、ぜひ教えてくださいね。

今回は「銀座まるかん千葉グループ」のスタッフ、ダイキくんが「ダイエット青汁」について解説しています。
ぜひご覧になってください。


【斎藤一人】まるかんの「ダイエット青汁」について本気出して話してみた Part1《銀座まるかん千葉グループ》

https://youtu.be/HxDMl_q4MzA


あなたに全ての良きことが雪崩のごとくおきます。